最新記事 増えている理由や介護離職のリスク

いっそのことUターン転職で介護士になる

Pocket

Uターン転職がおすすめ

現在都会に住んでおり、親が地方に暮らしているのであれば、思い切ってUターン転職をして介護士になってみるのはいかがでしょうか。都会で暮らすと、どうしても生活費が高くなります。また、満員電車での通勤に大きなストレスを感じている人も多いでしょう。通勤するだけで体力が消耗して、仕事そのものが嫌になってしまいます。地元に戻って働けば、そういった負担やストレスからは解放されます。

Uターン転職がおすすめ

地方で働く魅力

地方は都会に比べて自然が豊かで、ストレスなく生活を送れます。のどかな雰囲気で、自然が豊かな場所で暮らすだけでもリラックス効果を得られます。都会の喧騒が合わない人ほど、Uターン転職がおすすめです。自然が豊かな場所で子育てをしたいと考えている人にとっても最適な環境でしょう。また、地方は生活費を安く抑えることができます。給与水準は都会よりも下がりますが、その分生活費も安いので問題ありません。
何より、満員電車に揺られることなく、自分のペースで通勤できます。マイカーを利用すれば、より快適に通勤できるでしょう。無駄な体力を消耗せず、新鮮な気持ちで仕事に臨めます。
加えて、地域のイベントや近隣住民との交流が好きな人にとっても、地方での暮らしはメリットが多いです。子どもがいるなら、保育園で行われるイベントにも参加できます。これは、都会暮らしでは中々経験できません。

転職しやすい状況

Uターン転職をする際に気になるのが、仕事があるかどうかです。高齢化が続く日本において、介護サービスは必要不可欠なものです。これは、都会だけでなく地方も同様です。介護士の求人倍率は全国で3.97倍、最も低い高知でも2.26倍で、他の職種よりも転職しやすい状況となっています。また、介護職は農業のように初期費用がかかりません。意欲さえあれば、未経験からでも挑戦できる分野です。働きながら資格を取得すれば、キャリアアップも可能です。

待遇も安定している

地方は人口が減少傾向にありますが、高齢者の数はそれほど減っていないので介護士の需要はむしろ伸びています。どの現場でも人材の確保に積極的に取り組んでおり、年々待遇はよくなっています。また、自治体が住宅補助や子育て支援を行っているケースも多く、地方移住のハードルは以前と比べてかなり下がっています。補助金や支援制度を上手く活用して移住の準備を進めてください。都会と比べて正社員求人の比率が高く、安定して働ける点も安心材料の1つです。安定して働きながら、現場で習得したスキルを親の介護にも活用していきましょう。

そろそろ親の介護が必要かもしれない

Twitter